ハードウェアエンジニアリングの世界

電子機器の量産開発を通じて学んだことを書くブログ

図面の書き方 - 寸法

図面の描き方について書きますが

図面は実際に手を動かして描いてみないとわからないことが多いです。

そのため、細かい内容を書くことは難しいです。

お伝えするのは描く上でのポイントになります。

 

それを踏まえた上で見ていただければと思います。

今回は寸法の描き始めについて説明します。

 

前回の記事で図面は品質を確保するための仕様書というお話をしました。

3Dモデルができたことで、図面のあり方が変わり、会社では"簡易図面"という呼び方をしていました。

簡易図面といえど、品質を確保するための仕様書です。

3Dモデルで十分品質が確保出来る部分の寸法は描かないだけで、立派な図面です。

だから、複雑な形状であれば完成させるのに1日以上かかったりします。

 

では、実際に書くときの話をします。

図面に寸法を書くというのはとても簡単そうで、奥が深いです。

寸法は始点(基準)から終点(目的の位置)までの距離をかけばいいだけなのですが・・・

ちょっと考えてみましょう。

・その寸法をなぜ描こうと思ったのですか??

・その始点(基準)てどうやって決めますか??

この2点の決め方を説明します。

○その寸法を描く意味

 3Dモデルから、2Dの線図を描いた後、どこに寸法をかけばいいのか。

簡易図面は品質を確保するための仕様書なので、無駄な寸法は省くことができます。

そのため、効率よく描くためになぜその寸法を書く必要があるか考える必要が出てきます。その寸法を書く意味を見つけるのはとても簡単で、

寸法を書くところ=精度が欲しい部分です

ただそれだけです。

その精度が欲しい部分は何なのかというと、

他の部品と接しているところ

が多いと思います。A部品とB部品が接触する、ネジで固定する、はめ合わせる、すれすれで干渉しないようにしたい・・・AとBの関係性を保持するためには、各々のばらつきを減らしたいですよね。そういう部分に寸法を描きます。

○始点の決め方

 描くための理由がわかれば、この寸法が必要だとわかります。

次にその寸法の意味をより深いものにするため、基準を決める必要があります。

この基準がなければ、せっかく描こうと決めたのに、何のための寸法なのかわからなくなってしまう恐れがあります。

 

では、どうやって基準を決めるのか・・・やることはとても簡単です。

基準とする面、角、穴を決めることです。

この平面は板金部品であれば、金型と並行な面(一度も曲げられない面)

樹脂部品であれば抜き勾配のついていない平な面(パーティングラインでもいいですし、キャビティの頂点の面でもいいかもしれません)を選びます。

穴であればわざと基準穴を2つ作ることで、1つの軸を作ることで基準にすることもあります。

その部品が製造過程で加工されない面、金型が作りやすい面を選ぶというのがポイントです。

穴に関してもこの平面に加工して作ることになります。

 

描く意味、そして基準が決まれば、やっと寸法を図面に示すことができます。

形状が複雑になってくると、寸法を書くスペースがなくなってきたりします。そこでよく使う手法としては累進寸法です。基準からどれだけの長さがあるのかがわかりやすく示されるので、オススメです。

 また基準からどれだけの公差が欲しいと示しやすいため、誤って累積公差を描いてしまって、自分が想定していた公差よりも大きな公差を許容してしまう指示をするといったミスを防げることもポイントです。

 

今回の話を踏まえて実際に図面を書くだけで金型を作る方が読み易い図面になります。

 

意外と寸法1つとっても色々なことを考える必要がありますね。